トップページ > 早ければ早いほど良い結婚適齢期

早ければ早いほど良い結婚適齢期

"結婚適齢期は現代に当てはめれば30代のちょっと入り口の33歳位という事になるのでしょうが、私はもっと早いほうが良いのではないかと思っています。
極端な話をするならば、もう結婚願望があるならば、20歳とかそれ位の若い年齢で結婚をしてしまった方が良いと思うのです。
というのも、それは肉体的な問題から。
一般の人がイメージする30代前半の結婚適齢期に結婚をすると、子供が生まれて腕白ざかりになる年齢には、もう40歳が見えてくる年齢になってしまいます。
そうなると、もう育児に体力がついていかずに、子供を十分に世話してやることができなくなってしまうと思うのです。
結婚の全てが育児と関連するわけではありませんが、もしも子供が生まれたならば、腕白盛りの時期は親が20代の体力がありあまっている時に済ませてしまった方が良いと思います。
男性も若いうちに子供がいる男性は30歳を過ぎてもとてもしっかりしていますし、そういった意味でも早い年代が結婚適齢期であった方が、あらゆることが都合よくなると思うのです。"

関連エントリー
行くなら沖縄か北海道
新婚旅行ではハワイに行きたいです
憧れの水上コテージ
現在の結婚適齢期は27歳か28歳
早ければ早いほど良い結婚適齢期
結婚適齢期は何歳でも
真面目な気持ちをもってなら20代の結婚おススメ
写真だけで判断するよりも婚活パーティー
5年前に結婚して家を建てるときに苦労
戸惑いとうれしさと
フィニッシュはケーキを!
友人の紹介がきっかけで結婚するように。

メニュー
デートでおすすめの映画
離婚ナビゲーション
結婚の話
サイト集
運営者情報